• 部屋

    ワックスとの比較

    フロアコーティングの価格は、ウレタンコートの使用によって最も安くなります。
    俗にいう床ワックスの塗布がこれに当たりますが。厳密にフロアコーティングという工事の意味を考えるとそれは全くの別物だといえます。
    床ワックスの場合、確かにフローリングを保護するためのコート剤としては機能してくれます。
    しかしながら、人間の歩行による摩擦によって塗膜はどんどん剥離していき、気づけば地肌が見えているような状態になります。
    また、塗ったり剥がしたりすることができるのが特徴ではありますが、その反面定期的に塗布をする必要があり、きちんと元の床ワックスを剥離しないと、逆にフローリングが汚れます。
    そして、その再塗布作業を行う必要性は、半年に一回ほどは行う必要性があるともいわれ、かなりの手間がかかることがわかります。
    それに対して、一般にフロアコーティングと呼ばれるウレタンコート以外の方法は、価格が床ワックスよりも高額になりやすいですが、この手間がなくなります。
    フロアコーティングの導入で、価格を比較しながら行う塗り直し作業が必要なくなること、それは確実に快適な生活を生みます。

    フロアコーティングに価格が床ワックスよりも高いにもかかわらず意味がある理由、それは日常生活が楽になるという点があるからです。
    日常生活において部屋が汚れることは、いくらでも想像がつきます。
    キッチンでは水回りは常に濡れる可能性があり、エントランスは外の汚れを持ち込む可能性があるなど、住居内は汚れる可能性がいくらでもあります。
    そして、それが水拭きでないと取れないようなケースもあります。
    この時、床ワックスでは水拭きをやり過ぎると、塗膜が剥離してしまうという問題があります。
    つまり、思い切った水拭きを行うことが難しいという点が問題になります。
    その点、フロアコーティングは床ワックスよりも価格が高いものの、水拭きにも対応できます。
    製品によっては、洗剤をどんどん使って問題ないものがあるのも特徴です。
    それでいて、塗り直しが必要ない。つまり、一回の施工価格は高くなっても、圧倒的に床ワックスより日常生活が楽になる要素があるのが特徴です。