• 床と家具

    種類によって違う費用

    フロアコーティングは価格も内容もバラバラで、一口にまとめることが難しい製品ジャンルです。
    そこで、製品の特徴を分類していくとするならば、コーティング剤の種類で分類することができます。
    現在提供されている製品の種類は、UVコーティングやシリコンコーティング、そしてウレタン塗料コーティングやセラミックコーティングが挙げられます。
    これらはそれぞれ、価格も違えば品質のベクトルも違っているため、住居の床をどのように快適にしたいかを考えて選ぶことが欠かせません。

    フロアコーティングを施すときに注目したいのは、何年も再施工する必要がないからこそ求めたい硬度です。
    様々な施工法の中で特にその観点から注目したいのは、セラミックコーティングとUVコーティングです。
    他のフロアコーティングが5Hに満たないことが多い中、7Hを超えることもあるこれらの製品は、頑丈な床材にしたいときに価格の価値を発揮します。
    UVコーティングは紫外線を通さないことで日焼け対策にもなり、フローリングの寿命を長くして日割りの価格を下げてくれると解釈できます。
    また、セラミックコーティングは薬品への耐久性が高い上に衛生面も考慮されているため、乳幼児や高齢者と暮らす環境に安心です。
    防滑性を求めるならばシリコンコーティングが優れているといわれていて、怪我が心配ならば特に検討する価値があるといえます。
    また、シリコンコーティングはフロアコーティングの中でも比較的安い価格で、導入しやすいのも特徴です。
    このように、フロアコーティングは価格だけではなく内容にも違いが有るため、製品を選ぶために勉強することが大切です。